Essay

aratamat.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:音楽( 19 )

ご報告が遅くなりましたが、この度「第五回なにわジャズ大賞」を受賞することとなりました。
お祝いのメッセージを下さった方々、本当にありがとうございます。
今回の受賞は決して私一人だけのものではなく、皆様のご支援あっての賜物と深く感謝しています。
この賞を心の糧としてこれからも頑張りますので宜しくお願い致します。
f0065517_13315191.jpg

さて、来る7月1日(日)に「Summertime Jazz Party」の中で授賞式及び受賞記念ライブがあります。
皆様のご都合が宜しければ是非お越し頂けますようお願い申し上げます。
前売チケットをご希望の方は aratama@tcn.zaq.ne.jp までご連絡下さればご用意致します。
それでは宜しくお願い致します。

第12回サマータイムジャズパーティ
【日時】2012年7月1日(日) 午後12時半開場 1時開演(終演6時半予定)
【会場】ノボテル甲子園(0798-48-1111) 二階・甲陽の間
【料金】前売4000円 当日4500円 ワンドリンク付 自由席
【お問い合せ】関西ジャズ協会 06-6442-0370

第一部:大手前大学ジャズスカイスクレイパー/Vocal Shower/大塚善章Group/岩崎恵子Group
第二部:「第五回なにわジャズ大賞」授賞式と受賞者二名(荒玉哲郎、中島要)による記念ライブ
第三部:矢ケ崎篤Trio/瀬部妙子Group/大友孝彰Group/The Two Sounds Super Quartet/
4Guitar Blues Session/Vocal Shower
f0065517_13334264.jpg

[PR]
by Tetsuro_Aratama | 2012-06-01 13:39 | 音楽
12月10日にスムースジャズを代表するギタリスト、ケン・ナヴァロと共演します。
グラミー賞にノミネートされるなど、世界中が注目するアーティストです。
この機会にぜひお越し下さいね。(私は10日のみ出演します)
f0065517_1053037.jpg

[PR]
by Tetsuro_Aratama | 2011-12-08 10:55 | 音楽
私が参加するタンゴグループ「シンコパ」のライブ映像がYouTubeにアップされました。
興味のある方は是非ご覧下さい。

「天使の死」
「パリのカナロ」

綾部美和子(pf) 力石裕澄美(bn) Yu-Ma(vn) 荒玉哲郎(cb)
2011年9月1日 交野市ゆうゆうセンターにて
[PR]
by Tetsuro_Aratama | 2011-09-21 15:31 | 音楽

Chico Buarqueの新譜

シコ・ブァルキの五年振りの新譜「CHICO」が届いた。
私にとって彼は、新譜を心待ちにしている数少ないアーティストの一人。

人生を達観した力の抜けた奥深い歌詞。
そのメロディラインはアメンボのように自由に、機敏にスイスイと、どこへ行くのか想像もつかない。
そんな遠くまで行ったら帰り道が分からなくなるよ、という心配をよそに、ジャングルの中の探検家のように
見たこともない道を探しては突き進む。
そして全ての道はつながっているんだよ、と何事もなかったように帰ってくる。
一体となるハーモニーは、時にはメロディを先導し、時にはその後ろ姿を美しく彩る。
私は結局のところ、この冒険家の勇気と倫理観に惹かれているのだろう。

そしてシコ・ブァルキの歌声は、誰よりも私の深い部分に入り込んでくる。
思わずこみ上げてくる涙。
齢67歳の衰えることのない創造力に心から感謝と敬意を表したい。
f0065517_1535243.jpg

[PR]
by Tetsuro_Aratama | 2011-09-13 15:41 | 音楽
f0065517_651217.jpg

旅するリゾートミュージック。
~コバルトブルーのさざ波、煌めく光、薫る風~

リゾートミュージックのパイオニア岡本博文(g)。自身のリーダーグループ
「Okamoto Island」名義で発表した前作『Grand Blue』が話題を呼び、
待望の第二作『You Are My Sunshine』。
ボサノヴァやジャズ、ラテンといったテイストをブレンドし、
メロウでお洒落に仕上げられたている。
テーマは「海と旅にまつわる人間ドラマ」。
海の美しさや旅先でのふとしたエピソードに思いを馳せ、心が癒される。
そんな大人のリゾート空間に浸れる至福の一枚。

■アルバム情報
Okamoto Island New Albumリリース!!
"You Are My Sunshine"
Sound Produced by Hirofumi Okamoto
タイトルナンバーの「You Are My Sunshine」や唱歌「椰子の実」を含む11曲収録。
アルバムの写真提供は写真家、赤木正和氏。
2011年6月8日 発売!!
価格:¥2,700(tax in)
品番:XQCJ-1006
★5/8から「You Are My Sunshine」の先行予約受付開始&詳細情報解禁!!

■メンバー
【Okamoto Island】
岡本博文(G)、佐伯準一(Key)、荒玉哲郎(B)、マーティー・ブレイシー(Ds)
【Support Member】
ヤヒロトモヒロ(Per)
【Special Guest】
桑名晴子(Vo)

■先行予約
5月8日~6月2日の期間でCDの先行予約受け付けを実施します!
(6月2日までにご予約頂いた方は発売日にご自宅にお届けします。)

■先行予約特典
特典1, 先着100名様に岡本博文オリジナルピックを進呈します!
特典2, 抽選でCD発売記念ツアーの各会場それぞれ2名様にご招待チケットをプレゼント!
・ご招待チケットの応募締め切り:6月2日
・当選発表:6月4日
・応募方法:CDの先行予約フォームより(お電話での受け付けもいたします)
・発表方法:応募フォームでご登録頂いたメールアドレスへご連絡いたします。
      (お電話でお受け付けした方はお電話にてご連絡いたします)
※当選された方のみへのご連絡となりますのでご了承のほどお願いいたします。

・通販のお申し込みはこちらから
http://www.ragnet.co.jp/form/xqcj-1006/index.php

■2nd Album 『You Are My Sunshine』発売記念ツアー
ツアー会場を廻ります。http://hirofumiokamoto.com/参照
予約はすでに始まっているお店多いです!
・各会場にてサイン会を実施いたします。
・各会場にて今回の東日本大震災で被災された方々への義援金を募集します。

■リンク
・CDレーベル RAGMANIAサイト内のYou Are My Sunshineページ
 http://www.ragnet.co.jp/ragmania_you-are-my-sunshine.html

・携帯サイト
 http://www.ragnet.co.jp/i/ragmania_you-are-my-sunshine.html
[PR]
by Tetsuro_Aratama | 2011-05-09 06:54 | 音楽

新宮ツアー(2011年2月20日)

先日新宮在住の津荷裕子さんにお招き頂き、新宮市内でコンサートを行いました。
津荷さんは私のCD「REZA」でタイトル曲を歌ってくれた素晴らしいシンガー。
もう一人のメンバーは津荷さんがNYに居た頃からの友人でギタリストの井上智氏。
氏は津荷さんのCD「Dreams Of Love」のアレンジも手掛けてらっしゃいます。

新宮は海と山に囲まれた町で合気道発祥の地(諸説ありますが)だそうで、
最近は熊野古道ブームで訪れる方も増えたそうです。

この町には何度も訪れていますが、何か不思議な魅力を感じます。
柔らかい雰囲気の中にピリッとした(一味系ではなくて生姜系の)緊張感がある。
海(=母性)と山(=父性)に囲まれているからかもしれません。
その魅力にとりつかれて移住される人が多いのも納得できます。

今回のルートは神名神~伊勢道で三重県尾鷲まで行き、そこからは地道。
途中の回転寿司で大阪では見られない「アカニシ貝(100円)」を食べました。(^^)
f0065517_1434549.jpg

15時にホテルに到着。
LSDをするつもりでしたが、食後だし、それほど時間がないので6kmのJOGに変更。
海沿いの気持ちの良い道を走りホテルに帰還、シャワーを浴びて演奏会場へ。
f0065517_1444113.jpg

f0065517_1445223.jpg

二人と久しぶりの再会。
17時からリハ、18時半開場、19時から開演というタイトなスケジュールだったので、
積もる話がたくさんあるのにゆっくり話をする間もなく本番。

超満員のお客さんを前に、井上さんがアレンジを施したスタンダードナンバーを
中心に演奏しましたが、一曲だけ拙作「REZA」を歌ってくれました。
実はあの曲、十年くらい前にインストゥルメンタルで演奏したことはありますが
歌入りで演奏するのは今回が初めて。
津荷さんも久しぶりに歌われたそうで、生で聴くことができて感激しました。

また井上さんの演奏は音色やタイミング等、すぐにそれとわかるくらい個性的で、
しかも何を弾いてもジャズの匂いがプンプンします。
「REZA」も井上さんが弾くとまた別の曲に生まれ変わったようで面白かったです。

コンサートは大盛況に終わり、そして打ち上げ。(^^)
美味しい海の幸と積もりすぎた話を肴に、美味しいお酒をたっぷり頂きました。
いい感じに出来上がってホテルに帰還。翌朝覚えのない擦り傷を数箇所発見。笑

チェックアウトを済ませ、井上さんと市内を一望できる神倉神社に行きました。
そんなに大きな神社ではありませんが、毎年2月6日に行われる火祭りには
二千人もの男性が白装束姿で松明を手に、急な階段を駆け下りるそうです。
それがまたすごい急な石段で、井上さんと息を切らせて上りました。
思えばこれが今年の初詣です(^^ゞ
f0065517_146822.jpg

それからお世話になったティム・デットマーさんの英語教室を訪問して、
そこで津荷さんが教えているゴスペル教室を少し見学。
そうこうしているうちに井上さんが電車に乗る時刻が近づいてきたので
再会を約束し、名残惜しいまま新宮を後に。

温泉に入りたくなったので帰路は十津川温泉を目指し、山間の道を運転していると
急に道が開け、現れたのは熊野本宮大社。
とても美しい景色で、天気も良く、これはJOGだ!と思い、急遽8km走ることに。
ヘンですか?σ(^_^;)?
f0065517_1464010.jpg

f0065517_147432.jpg

そして再び車に乗ること30分で十津川温泉に到着。
f0065517_1472955.jpg

ひなびた温泉施設に一人で浸かり、昨日からの出来事を思い返していると突然、
ぐらぐらっと。地震だ。
かなりの揺れで、帰り際に温泉の方もさっきのは大きかったと話していた。
そこから有名な十津川の吊橋へ。
f0065517_1475465.jpg

高所恐怖症ではありませんが、さっきの地震のせいか、
もし吊橋が突然切れて、たまたまワイヤーにしがみついた私の片手には宙ぶらりんに
なっている見知らぬ女性がいて、やがて力尽きて一緒に墜落死したとしたら、
それはそれ以上強い『赤い糸』ってないんだろうなぁ、とどうでもいい妄想をしていたら
足がすくんできたので、吊橋は渡らずにそそくさと車へ引き返しました。
[PR]
by Tetsuro_Aratama | 2011-03-03 14:38 | 音楽

Newシールド

f0065517_1775859.jpg

コレ、何だか分かります?

黒い目が二つあって、赤い口が一つ。
顔のようにも見えますが実は凄いシールドなんです!

開発者は八戸ノ里「グリーンノート」のオーナー・杉岡浩一氏。
私が愛用しているインシュレーターを製作された方です。

とにかく音ヌケが良くて、どの音域も気持ちよく音が飛び出してくるので
バンド内で今までになかった存在感が体感できます。
これは超オススメです。
[PR]
by Tetsuro_Aratama | 2010-07-15 17:07 | 音楽

Newアンプ

十年振りに奏法や楽器の電気系統など、自分の音の見直しをしています。
細かなマイナーチェンジはしているのですが今回はかなり思い切って変えました。

きっかけは自分の痴呆的ミスによるベースアンプの紛失。すごく凹みましたが
今となっては自分の音を見直すいい機会を与えられたと感謝しています。
どうか成仏してください。

現在の使用機器(アンプ、シールド、PU)をご紹介します。
今回は新しいベースアンプについて。

いろいろと試奏を重ねた結果、2009年末に発売された
PHIL JONES 「BASS CAB」に決めました。
ポイントは「軽さ」と「音質」。

私の楽器は16kg、以前使っていたアンプは12kgだったので
同時に運ぶと約30kgにもなります。うぅ…
ですので重量はアンプ選びの重要なポイント☆
BASS CABはたったの6kg、小型なので移動もラクラクです。

ですが小型ということは低音域を電気的にブーストしているので
いわゆる「体で感じる系」の低音感はありません。
そのためウッドを弾いてもややエレベっぽい感は否めませんが、
音の立ち上がりの明確さ、クリアな音程感、かつ自然な音質は
私の場合、演奏時のある種のストレスから開放されました。
さすがフィルジョーンズ!

次回はすごいシールドをご紹介します。お楽しみに。
[PR]
by Tetsuro_Aratama | 2010-05-17 07:56 | 音楽
今年で8回目になる阿武山音楽会に参加させて頂きました。
HP⇒http://www.abuyama100.net/
今回は難曲もあり大変なプログラムでしたが、みんなで半年間
力を合わせて練習してきた甲斐があって素晴らしい演奏となりました。

ただ音楽が好きという純粋な理由だけでここに集まっている…
そんな人達と一緒に音を出していると体が清められる思いがします。
この喜びこそ合奏の原点なんだと再認識しました。

中でも感動的だったのは、子供たちの大合唱による
ゴダイゴの「ビューティフルネーム」でした。

ご存知の方も多いと思いますが、国際児童年の協賛曲になった歌で
奈良橋陽子さんが「全ての子供は自分の名前という宝物を持っている」
といった内容の素敵な歌詞を書いています。

その曲中で子供達が胸に手を当てて自分の名前を口々に叫ぶ場面があり、
その姿に大感動。涙をこらえるのが必死でした。
…でも最近ニュースで観た、両親の虐待で亡くなった子供の名前が
ふと頭に浮かんでしまい、別の涙がこぼれそうになりました。

今年もたくさんの感動がありました。
阿武山音楽会がこの姿のままいつまでも続くことを祈っています。
[PR]
by Tetsuro_Aratama | 2010-02-01 13:54 | 音楽
REZAが「JAPAN FORUM」という在デュッセルドルフ日本国総領事館の
文化的なニュースレターに紹介されました。

http://www.dus.emb-japan.go.jp/profile/deutsch/japan_forum/jf_2009/2009-10_11-01_jf162_1-6.pdf

もし上記のURLから見れない場合は、在デュッセルドルフ日本国総領事館のHP
http://www.dus.emb-japan.go.jp/ から
>Links
>Japan-Forum
>JF Vol. 162, November 2009 bis Januar 2010
の順にお進みください。

2008年に岸ミツアキさんのトリオでドイツを訪れた際、領事館の方の中に
キースジャレットを大好きなドイツ人女性がいらっしゃいました。
その方がアルバムをとても気に入ってくれて記事に取り上げて下さいました。

ですが残念ながら全てドイツ語で、何を書いてあるかさっぱり分かりません。。(汗)
[PR]
by Tetsuro_Aratama | 2010-01-27 16:22 | 音楽

ベーシスト・荒玉哲郎のエッセイ


by Tetsuro_Aratama